ゲーム日誌

2011年9月26日 (月)

秋、来たりて、、、8月のついったまとめ。

気付けば秋風が吹きはじめました。

前回は暑いさなかでした。結構キツイ夏でしたね。
どっちかというと暑さに慣れた8月より6・7月、そして9月の残暑が厳しかったのですが、エアコン点けずにいたら熱中症とまでいかなくてもグダグダで、ただでさえ酷い生活状況が仕事のあれこれやボーナス減による窮乏状態でかなりメンタルやられてました。
いや、それにしても、やっぱ先立つモノがない状態って、非常に精神的によくありません。
まぁ給与・賞与の減少分を見込まずのんべんだらりと同じ生活してる自分が悪いのですが。

そんなこんなな日々でしたが、気まぐれツイートはしてたんで、試しに「まとめ」てみたりする。てきとーに間引いてますし、リプライは除いてます。

*8月4日
なんか長いハッシュタグが流行ってるけど兄ヲタになったきっかけってったら散々再放送を観て声優とか原作者覚えてしまった「スーパージェッター」あたり?それ以前に「鉄腕アトム」?
最初に意識して覚えた声優は松島みのり。

*8月7日
・原稿、の前に、環境を整えるのが至難の業。やっぱエアコン点けるべき?出掛けるっても図書館って嫌いだし。
そう、改めて気付くと、私は図書館って嫌いなんだった。だから自分ちを図書室にしたいのだった。これは今でも実現させたい「夢」。今のマンションでは既に無理かなぁ。
元々自宅図書室計画があって、自宅だと耐久性で無理だし、とマンション買って、別宅のはずが棲みついてる時点でカオスの巣窟となってしまったわけで。どっかで巻き戻さないと。


*8月8日
・お盆が近づくと、故郷に帰りたくなるよね。僕のホームタウンは、やっぱり板橋。それも板橋三丁目と仲宿あたり。子供の頃のテリトリーだからメッチャ狭い。
こないだから1人称が僕なのは、休み中だから、と思考が内向きになっているためかと思われます。
昔から出無精で昼寝してるか妄想してるか(要するに寝てる)のひとだったので、実のところあまり「まちのなか」のことは知らない、と思う。だからどこへ行ってもホームタウンでありエトランジェにもなりうる。ような気がする。


*8月12~14日
本日終了。ゆりかもめ乗車。リプレイ4冊売れたよー。
・今日の戦果:特撮ヒーローファン向けロケ地ガイド誌「ロケ地へ行こう!! vol.4」なかなかイカス本であった。
ホントはオーズのネタ本も欲しかったけど夥しいカップリング本の海からエロなし面白本を探すのは無理と10分程で諦めた
本当に欲しいジャンルの本が見つからなくて結局自分で作るしかないことのほうが多いけど、1冊作れるほどの妄想パワーには欠けている、とコミケの度に思うがっかりなわし。
昨日した話。僕らの世代はいろんな意味で「文法」を叩きこまれたので、それに則って物事を考えようとするが、若い世代にはそれがない。彼らは現状認識ありきなのだが、それが偏っているか間違っているかのモノサシを元々知らない。要約するとこんな感じ。


*8月15日
・睡眠不足解消のためエアコン点けたまま寝てみた。久々に長い夢を観た。面白かった。
巷では4日目とか言ってますが僕的には既に心は冬コミ。次こそ新刊。
新たな企画、ひとりカードゲーム・モンハンat黄海のRPG化!既存ルールに依存しないスタンドアローンなボドゲ風味TRPG(あるいはRPG風味のボドゲ)が3カ月後には出来ているはず!


*8月19~21日
・今晩から3日間、JapanGameConvention2011。新横浜へ。開会式間に合うかな。
3日間(48時間)のJGC終了。流石にのんびり過ごすようになったけど、そうせざるを得ない部分も。帰りの電車は日吉から直行、武蔵小杉から一瞬で春日(すなわち爆睡)だった。
新しいシステムのルルブ2冊も買ってしまった。いつやるんだ?


*8月28日
・あんさん、イイ薬ありまっせ、と差しだされたら飛びついてしまいたくなる。その薬の名は「思考停止」。
自分の仕事が全て「不要不急」かもとか考えだしたら危険信号。


…なんか結構一杯なので、月で分けますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

そこはかとなく。

書こうと思うことはたくさんあるのに更新まではいかない日々。
そりゃ毎日生きてるわけだし、何もないとか考えない日はないのだけど。

KoCはまだ辞めてません。
むしろ毎日とまではいかないけれど3日に2回くらいログインしてます。
「念願」の大酒場黒蠍・薄暗い奥に潜りこんでからそろそろ2カ月。
永らく留守にしていた「旅の飲んだくれ」スレッドはしっかりと生きていました。
未だに数人の訪問者があり、「まよ猫」の帰還を喜んでくれました。
今は日に一回コメントを入れ、ダンジョンに行き、たまに探索に行き、酒場でサボテン酒を飲み、だいたい1日当たり2万G使ってる状況。
実は復活当初から「手持ち金が無くなったら辞める」と言ってたのですが、運営会社が「やらかし」ていきなり200万G補填されちゃいましたw
既に未練はないのですが、遊んでくれるひともいるので、やっぱりてきとーに遣って資金が切れるまで、としたいと思っています。

さて。
以前ハンドルネームについて書いたのですが。
「まりりん」がちょっと…って話。

それが最近、まぁいいかなぁ、って感じになってます。
現在このブログの左側にも貼りつけてるとおり、ついったのアカウントに併記してあるのですが、先日来お知り合いになった丸山商店店長さんが、ふつーに「まりりんさん」と呼んでくれるのがなんとも自然に受け止められるのですね。
むしろ呼ばれて嬉しかったので、もしかしたら「猫たらし」である丸山店長に「たらしこまれた」のかもしれませんけど。
なので、これからもとりあえず「まりりん」でいようと思います。
…字面のイメージとかは別としてw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

フリ出奔。

3008日目の今日、長年士官していたフリージィを出奔したなり。
フリージィと言っても正式には「黒鉄(こくてつ)傭兵団」にゃ。
フリがマリマー騎士団でなくなって、略称PONに抑えられたときからずっと。それまで数回しか出国することもなかったなりや、緊急時ということで故国へ戻ったものの為政者が変わって出る機会を失ったまま非アクに。

(それまでの経緯→http://homepage3.nifty.com/mayo-lyco/gallery1.htm)
その間にPON解体を経て今の黒鉄さんがやってきたなりや、変に組織ばらず(まぁ元々傭兵団だし)元々の国民との融和政策もあり、また、世界全体の黄昏感もあって、開闢以来最も長い政権となってるなり。

しかし、たまに顔出すたびに減る旧知。同じようにたまに顔を出してもすぐ非アクに戻る友たち。あんなに流れの速かった国外会議室(憩いの間等)の停滞…。
元国王だったムーン氏は言ったにゃ。
「だってゲームとしては既に詰んでるじゃん。」
それは解ってる。でもネトゲってそれだけのものじゃないなりよ…。あくまでも「わしにとって」だけど。
かくして無駄に永らえてきたわけですなりや、2つ前の日記でも書いたとおり、3000日を期に終わらせることにしたのにゃ。

執着度・粘着度の高いタチでもあり、なかなか動けなかったなりや、勤務してなくて見習いのままなので寄付もできず、現国王に休業中のショップをわざわざ開いてもらって資産移動。ずっと勤務せずに来たのと、戦うことが仕事の傭兵団が国外の争いごとを極力国内に持ち込まず平和を維持してきてくれたことへのお礼をこめて。

資産と言っても大半は先に辞めて逝ったひとたちからのものなり。いろんな想いをこめて譲られたアイテムも処分。(借りていた倉庫の主が消えて預けていた荷物が全部手元に戻り家に入れなかったために泣く泣く捨てたのにゃ。)
身軽になったところで、出奔ボタンをクリック。
出国挨拶は先に済ませてあったし会議室もほとんど動いてないし。

出奔してすぐに大酒場・黒蠍へ。
ずっと行きたかったのにゃ。何年ぶりかにゃ。ひょっとして2003年以来?7年ぶり!
流石にスレッドは入れ替わってるみたい。
さて、3日後に「薄暗い奥」へ行くのが楽しみなり。
昔のスレッドが残ってるや否や。ちとコワイ。
くらさんが辞める直前まで掃除に行ってくれてたはず…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

揺らぎつつも。

まよ猫
エントリー:登録タイプ
最終アクセス日:2010/05/04 xx:xx:xx
ゲーム経過日数:2970日

最後の書き込み 2010/05/04 16:14:27(会議室)


あと30日で3000日の今日、とてもとても久しぶりにKoCにインしたなり。
フリージィ王宮内の会議室に入って、まず飛び込んできたのが「秘密結社(でも特に戦わない)」隊長である「チェシャ」さんの出奔挨拶。5月30日。もう2カ月半も前ですにゃ。
出奔と言っても、どこかで逢えるわけでない、そう、「退会」のご挨拶でもあったなり…;;
自宅に彼の人かららしい伝言が来ていたので、もう3年くらいどうしても捨てられない荷物一杯で入れなかった自宅である破れテントに、思い出アイテム泣く泣く8個捨てて入って読んだ。

わしも気分はすっかり引退してて、そんなわけでまた長きにわたる「居眠り」を続けてきたなりや、残っている友も既に少なく。いうなればわし自身も「非実在老人」化しとったわけで、こりゃいつまでも300円無駄に払うのもなぁ、と思うのであるなり。

実のところニフティに2IDあって、KoCの課金してるほうは更新してない漫研HPと十二国記荒民RPブログを使ってるけれど、どっちも今のニフのシステムで統合可能なり。
月額1200円だったかにゃ?合わすと1500円。お金の問題ではないので残してたなりや、今回のことで、もういいかにゃー、と退会に傾きつつあるなり。

ホントはさっさとゲームオーバーにして欲しいのにゃ。サービス終了するネトゲも多いし、いつ終了してもおかしくにゃいはずなのに。
なんか今年で10周年らしいなりや、運営会社からくるメールにも一言も書いて無かった。

…もう、いいよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

ハンドルとペンネームとアイデンティティー

このブログを書いている「まりりん」と言う名は「ハンドルネーム」です。
かつてニフティのパソ通に登録する際、ニフはハンドル推奨だったこともあり、当時加入していた「日本暗号協会」機関誌投稿用の暗号名(コードネーム)「Marilyn」を使おうとして他者と被らないよう「まりLYN」としたのが最初。
以降、ソネットのサービスを利用するときにも使うようになり、そこから自称「ネット人格=まりりん」が誕生したわけです。

さて、もうひとつ。
ブログのサイドバーのリンクにもある「瑞鬼 愁」ですが、これは「ペンネーム(PN)」です。主に漫画・イラストを描くときの名で、散文を書く際にも使うようになったのはコミケに出るようになった極最近です。
何でも形から入る痛い厨房期から幾つもいろんなPNを作ってきました。
「GloriaArtemis」「結城茉莉」「水月まり」ときて、母の持っていた「姓名判断」の本を見ながら決めたのが高校の漫研始めてからしばらくしてだったと思うので高2の時です。
字面と個々の漢字の意味がしっくりときて、以来PNを変えていません。
とは言え、一応でも受験・就職と生来の怠け癖もあり、まっとうに作品を生み続けることもせずにきたのと、就職してから加入した現代詩のサークルでは本名で作品を発表していたこともあり、まれに頼まれて描くイラスト程度しか活躍の場のない名ではありました。(今思えば、そういうときにもMaryと署名することのほうが多かったです。)

この他に友人知人から呼ばれる名があります。
ネットゲーム等のキャラクター名です。
2002年に初めてネットゲームに参加。ネット上のコミュニティが楽しくオフにも参加していたこともあり、キャラ名で交流することが増えました。それが「まよ猫」であり「艸瞑愁(迷迷)」です(他の名もありましたが期間が短かったり、そもそも交流がなかったり)。
この付き合いが未だに続いているので、リアルで会うときもまだ「まよさん」「艸さん」と呼ばれているのです。
元ニフティの方、アナログゲームの付き合いの方はハンドルである「まりりん」の名で呼びますので(もちろん自らそう名乗っているからです)、幾つも呼び名が出来てしまいました。

そして新たな呼び名が某メタバースでのキャラ名です。
メタバってのは基本アバターコミュニティですので、ミクシィやニコッとタウン等と変わりません。なので、ニコッととハンゲームでも登録したPNを、さらに単純化させた名で使うことにしたのです。もちろんいずれもキャラの性別として男性を選択したからでもあるのですが。
当然と言えば当然の流れで、幾つもあるコミュニティでも新しいものに費やす時間は多くなります。故にPNである「愁」での時間が長いということです。
それはそれでよいのですが、問題がでてきました。

実はハンドルである「まりりん」を使うのが躊躇われるような気がしてきたのです。

本来モノを書くときの名前ではない、いわゆる「中の人」としての名前です。
しかし…「まりりん」と言う名はとてもたくさんの人が使ってもいます。もちろん大勢の中に埋もれることや同じ名を使っている人の傾向(アダルトな女優さんや不思議ちゃん系主婦?)とかに思うところがあるのは否めないのですが、それだけでないような。
PNである「愁」が中の人を侵食してきたからなのか?
モノカキとしての意識の問題か?
はたまたジェンダーの問題か?
ともあれ、ときどき「まりりんの名で書く」ことを辞めたくなるのです。
…記事を書く数が減ったことは別問題ではありますけどね。

何気に、これってアイデンティティーのゆらぎか、なんて思ってみたりするのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

つぶやく場所。

巷で話題の「ついったー」に登録してみました。
今のところ「何をしよう」と言うこともないので登録名は通常モノ書きに使っているペンネームにしてみました。

先だってmixi内でも同様の機能が盛り込まれて(ボイス)、どんなものかと思ってみていましたが、こちらは最近ちょっと「留守がち」なコミュニティなため、マイミクさんたちのつぶやきをただ聴いてても、やる気もない「サン牧」とかの話題だったりするので、特に「ふ~ん」で済んでしまっていました。
家に居る時はかなり長時間PCと向き合っているある種の廃人ということもあり、以前は盛り上がり中のネトゲの周辺サイト廻りとか、ミク中一歩手前でコミュニティ巡りとか、今は主として某メタバSNSにパートタイム(ぇ)常駐してたりというタワケモノです。
しかしSNSとかですと、決まったテーマというか、そこで通じる話題しかできなかったりもしますし、ちょっと雑談掲示板が雰囲気的に居づらくなってしまったこともあって。
そんなときに、ちょっと身内で大量にブツブツ言ってるのがいたもんですから、またメタバの友人も書いてたりするってことで、そんなら、と飛び込んでみたのです。

もともと頭の中があちこちととっ散らかっているほうで、思いついてはブツブツ独り言を言っている「痛い人」でして。
それがそのままオンラインで垂れ流し状態に…
今のところ相互フォローしているのは3人だけですが、こりゃぁ増やせないぞ、っていう感じに既になっています。11/7に登録して10日で47ツィート。もちろん毎日入り浸ってるわけではなく、コメントとかもあるのですが、抑えててこの量ですから。
こことかブログでは長文を書いてしまうのですが、つぶやきとなると、その長文をぶつ切りにするかのようにダラダラと書き続けかねない。このままでは「電波」な放送局になってしまう。

でも、この機能、なんか面白い使い方もできそう。
ちょうど今日のネット内ニュースでTwitter発の小説発行とか流れてましたっけ。
垂れ流しの内容をちょっと方向変えてみる。
それができるかどうか。
何か創作方面に使えたらよいのですが。
(できたらできたで、また別の独り言の吐き出し場所が欲しくなる気もしますw)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

9月病予防と何気にヲタな夏。

毎年9月はメンタル不調で、去年などは”セルフ・マインド・コントロール”に失敗したもんですから、今年はまるでお試し運転のような慎重さで今月を迎えました。
公私ともにある仕事(タスク)は日程が決まっているのに、なんとも停滞中。
それでも何とか小出しに、無い能力を絞りつつ、この連休を迎えています。

前回の日記からひと月半。
書こうと思って新規投稿のページを何回も何回も開いてはいたのですが、いざ書こうと思うと文章が出てこない状態が続いてました。ここが書けなくても書いていた某メタバSNS日記ですら激減してましたし。書いても内輪向けだったり。
まぁ、「あちら」と「ここ」とは違うので。
(リアルとヴァーチャルの区別ってあまりないんですが、ね。逆に「あちら」のほうが素かもしれません。何と言うかエレメントみたいな。ここのほうが自意識と言う意味ではカッコつけてるかもしれないです。)
お盆過ぎてからいくらか涼しくなったのが多分身体に負担が来ない分良かったのだと思います。夏バテもせず、睡眠時間もなんとか確保できてましたし。やはり体調崩すと当然気持ちも引きずられて悲惨なことになりますゆえ。

もちろんいろんな意味で「夏」ですから、それなりにイベやらなんやらありました。
とりあえず備忘録的に箇条書き、というか時系列順で。

8/5 高校Pの来月のイベの下見に有楽町・東京国際フォーラムへ。6、7月にメンタル不調だった分どうもダラダラで、遅刻したり周囲には迷惑かけっぱなしでした。

8/9 某メタバのオフで渋谷へ。前回よりはマシだったけど、行きしなに雨に祟られテンション低いまま…サンダル壊れるしコケるし。お店はなかなか良かったし、それなりに楽しかったけどね。

8/13 コミケ直前休暇。この夏は落選だったのですが、一応ギリギリまで何かできたら持って行こうと思っていたのに、2日ほど前に諦め、この日は単なる骨休め。夜、職場組合主催の毎年恒例・反戦平和映画会に行って初めて「はだしのゲン2」を観ました。原作の絵とイメージが随分違う絵で、新版かな?何気にスタッフにすごい人がいたり。

8/14 コミケ初日。なんか周りも今年は低調?混雑を避け午後に出て、委託しようと思っていた友人サークルに行ってちょっとの間店番。やっぱコミケはブースの中に居る方が好き。終了後は近場の蕎麦屋にて軽く。以前と比べると人が少なくて寂しい限り。初めてご一緒した方が実はJGCでお会いしたことのある方で。世の中狭い。

8/15 土曜日でお盆だけど、通常の出勤。とは言え職員も少なく開店休業状態w

8/16 三井記念美術館にて開催中の「道教の美術」展へ。映画「ナイトミュージアム2」に絡めた夜間開館で、17時より割引入場とのことで、早めに出かけ先にミュージアムカフェで遅い昼御飯(遅すぎ)。時間調整後に入場、嗜好的に大好きなジャンルですので楽しく観て廻りましたが…図録厚さ4cmって何www

~この間何かと、主に仕事の面で一杯一杯でした~

8/30 この夏2度目のプラトゥリのライブ。「テント」@武道館。一昨年行かれなかったこともあってリベンジみたいな感じでしたが、うん、良いライブでした。プラのライブは大抵誰かと行きます。誰かって身内3人組のどれかだけど、このところは末っ子。

9/4~6 恒例JGC@新横浜。これに参加することは最早自分的なアイデンティティーな気がします。6/1から申込み開始で、私は初日に申込みできたのですが、あっという間に埋まったらしく、友人諸氏は最終日当日参加のみでした。システム改善でイベントに優先参加可の枠が出来、結果TRPGは「デモンパラサイト」と「六門世界RPG」の2本、あとはいつもの大量ダイス振り大会「ドラゴンを倒せ」、久々のTCG・モンコレなどなど。今回ボードゲームはほとんどできませんでした。中日の時間調整の合間にパシフィコ横浜まで足を延ばして「海のエジプト展」の図録だけゲットw 閉会式後、友人諸氏と食事。楽しくゲーム話。帰りの荷物の重さは…うむ。 

9/11 ほぼ3か月ぶりに映画。戦隊&ライダー。上映終了間際だったのでタダ券のあるシネマサンシャインへ。今年の戦隊は何と言っても「殿」です。可愛すぎる。小林脚本は美味しい。しかし殿の男っぽい声が好きだったりもします。ライダーはまさに10周年お祭り作品で盛りだくさん、最後のお宝「J」の登場に思わず笑いがww 営業方針か、今年のライダー「ディケイド」はTV版は12月の映画続編へってことで終わってしまいましたが、なかなか面白い展開が続いてました。設定がそもそもめちゃくちゃなのが功を奏したって感じです。

9/12 8/5に下見したイベの本番、まずは本所防災館へ。ここの3Dシアターの映像、ちょっと古いのですが危機感を持ってもらうのが目的というのもありリアリティ&臨場感ある映像作品で、これはお勧めです。やる前は面倒臭いと思ってた地震体験、緊急救命や煙体験もやってみるとなかなか良い経験でした。有楽町の方は、ごはんミュージアムで食事してちょっと中をうろついて解散。ごはんちゃわん、びみょーなのに気になるキャラだわん。

9/16 本当に久方ぶりの「水曜映画会」。「ナイトミュージアム2」。期待通り、というより期待してなかったのに面白かったです。スミソニアン凄いー。

9/21 で、連休。シルバーウィークって…。ハッピーマンデーってめちゃ迷惑だと思うことが多いです。土曜日は目一杯仕事だったので、一日遅れ、さらに日曜は日用品やら買い出しとかで、ようやく出掛ける予定をこなす気に。ホントはこの日は19日から新企画展の始まった江戸東京博物館へ行こうと思ってたんですが、敬老の日で高齢者無料とかだったので急遽別の企画展へ。目黒美術館「線の迷宮〈ラビリンス〉・番外編 響きあい、連鎖するイメージの詩情――70年代の版画集を中心に」という、ちょっとマニアックな展示を観てきました。版画って作品としては好きなんですが、手法としてどうにも難しい。「印刷」全般につながるアートとして興味はあるのですが、どうにも原画から成果物に至るまでの道のりがストンと落ちないのです。まどろっこしいっていうか。でも、だからこその新たな刺激でもあります。

…この長いのを小出しに書けたら良かったんですがね。
まったくもって読む人のことを考えてません、ごめんなさい。

さて、今日はちょっとだけ家事。木曜が公休なので、連休はあと2日。他に行きたいところもあるし。まぁ決めずに気楽に、これも予防リハのうち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

2008年の終わりに。

今年もあと数時間で終わりです。

日記の記事数(32、うち後半11本)が物語っているように、なんだか低調な1年でした。
職業人としての自分は辛かった。
なのでできるだけ仕事を離れる時間を作っていました。
お陰で仕事の多くは積み残し、残業代も稼げずに経済的には厳しいものがありましたが、仕事が理由で「壊れる」ことは避けられたかもしれません。
実は今年も暮れにきて担当している人が亡くなりました。ちょっと他の人より気にかけていた人なので、最後に家族の人から連絡を受けて、非難めいた言葉を聞いて辛かった。
他人の人生を預かる仕事は本当に辛い。死にあうこともいつまで経っても慣れません。
多分、今年こそ異動できるはずなのですが、その前に溜まっている仕事を1月中に終わらせるよう命じられましたw
…無理はする気ないんで、精神的に追い込まれないよう、残業代稼ぐつもりで、なんとか3月まで乗り切ってみるつもりです。

今年は多くの時間を某メタバースで過ごしました。
登録が2月、年度末の忙しい時にちょうど正式版への切り替えがあって、そこから9か月。ほぼ毎日、そこで過ごしてきました。はっきりいって依存症かもです。
メタバそのものでは、そんなに毎日することは少ないのですが、6月に公式で併設されたSNSの方が入り浸り状態で。
仕事をさっさと切り上げて、帰るとPC立ち上げてました。
これが無かったら、相当参っていたかもしれないし、逆に相当時間を取られたことで実生活に支障があったのも確かで、それのストレスは大きかったかな、と。
逃避のつもりでいたんですが、あまりにも「素」に近い状態で自分を置いていたので、随分と振り回されていたかもしれません…と言うか、現実に多分振り回されてました。
「素」すぎて、自分の嫌な部分も直視せざるを得ませんでしたし。
また、リアルでのストレスとの相乗効果で、かなり「鬱」な発言をしてしまい、フレンド各位に迷惑もかけました。もしこちらを読む機会があったら(まだ皆に教えてないんだけど)、ごめんなさい、そしてありがとう。
来年は少し自分キャラと距離を置くべきか…もっと居直るか。
オフに出たりちょっとずつ中の人情報流してはいるので、少しは楽になるかも。(でもまだ引かれるのが怖いってのはあります。「おじさん」ならともかく「おばさん」でキモヲタ…)

ともあれ、どんよりは一旦置いて。
来年はもうちょっとサバサバとやっていきたいと思います。

あ、そうそう、コミケ報告してなかった。
今回も「十二国記オンライン復活企画室」での出展でした。
まったく手が付けられずにいたペーパーの原稿もなんとか前日夜には2つも作れ、当日しっかり間に合いました。新刊(リプレイ)は麻樹さん任せだったのですが、こちらもなんとか滑りこみセーフ。販売数こそ少ないですが、コンスタントなので、かろうじて次回へも繋ぐことができそうです。
自分が1日目で、2日目の一昨日は八州さんちに委託したのですが出遅れてごめんなさいして、昨日の最終日に八州さんが手伝いに行ってるサークル(とある評論系壁大手)にお邪魔、そのまま濃ゆいメンバー(某先生含む)に紛れて新宿での打ち上げまで行ってきました。
これが多分ホントの忘年会です。オタな会話が嬉しい&料理もお酒も凄く美味しい蕎麦屋さんでした。

某メタバでの親しい方との交流とコミケのドタバタのお陰で、冒頭の出来事(金曜日、仕事納めの日だったのでw)を引っ張らずに済んで良かった。
この楽しい気分を持ったまま、新年を迎えたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

探しものはなんですか。

見つけにくいもの…かもしれません。

ちょっと最近変なテンションです。
上下の振り幅が広がってきた…って、ヤバくない~ww

えー、惨状は変わりません。むしろ(ry

どーしたもんだか、なのですが、なんか居直ってる自分もいます。

しょうがないので出来る範囲、気が向く範囲で、行けるところ・やりたいことをやってます。今月も終わりですが、半公的な用事(組合とか保護者の会とか)が多かったこともあり、なんか落ち着かなくって、実のところ趣味的活動は先週の土日のみ。
土曜日はJR尾久駅(車両センター)で開催された「ふれあい鉄道フェスティバル」へ。いつも田端あたりを通過する車内から見ていたところへ入れちゃうので、嬉々として行ってきました。何しに行ったって…大好きな電気機関車の写真撮るだけ。お金ないのに行き先表示板(for AKABANEとか)なんか買っちゃって…これをどうしろと…あとで玄関に貼ってみようと思いつつまだ放置w
そのあと昼から秋葉原のR&Rステーションにて、ずーあーさんのボドゲ会。今回のラインナップは微妙だった模様。終わってからファミレスで食事、あやうく午前様でした。
翌日は元FSFみゃあさん主催の御飯会番外?なカラオケ会。今回は新旧とりまぜ、久しぶりに「シュシュッと参上~♪」なんて歌ってきました。(フニフニは前回やったのでパス)
ホントの御飯会は明日29日なので、早く帰るはずが、しっかりプレ御飯会に。
で、どうゆーわけか、どちらの会もいつの間にか「下の世代なんとかならんかー」の話になってました…。

ところで。
ただいま60年代のSF作家J.G.バラードの「時間都市」を読んでます。初版1969年。この10月に第15版が出て書店で平積みになってまして。
実のところ、この辺のSFの基礎的なスタンダード作品って、ほとんど読んでなかったりします。タイトル・リーダーなんで書名と作家名はインプットされてたりするので、FSFなんかにいてもなんとな~く話に付いていってたんですが…この辺が自分をオタクとかマニアとか自称できない所以なわけで。
まだ半分ほどなんですが、うーん、やっぱ凄いわ。ホント基本。ああ、自分SF読んでるって感じ。だって40年前のSF作品ですよ?それが古くないんですよ。確かに道徳観念とかパラダイム的な古さはあるかもしれない。でも文章から起想されるものはあくまでも「いつか来る未来」で、それは常に現代への寓意と警鐘が描かれているわけで。「物語」という人間の想像力の素晴らしさを再確認することができるのです。
それから、この間リブロ行ったときに貰って来た「ハヤカワ文庫の100冊」をつらつら読んでみると、これまた読んでない基本的名作がたくさん再版されてて。これはボケてる場合じゃないよ、もう、これらを読まずして死ねないよ、なんて思うのでありました。

で、ね。
探しものは結局、「目の前にあるもの」なんだと思うのですが。
見失ってるのは困ったことに「自分自身」でもあるんですよねぇ。
今日も自己愛より自己嫌悪のほうが勝ってドツボるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

追われてるわけでもなく

確かに日々やりたくないことが多いわけですが(と言うより単に面倒臭いだけなのが実情)、実際問題、そーゆーことはやらずに過ごしてしまってるので、逃げているという後ろめたさだけがあったりする今日この頃。

何だかスケジュールが縦または横スクロールで流れて行く日々を送っております。

珍しいところでは、もう先月の半ばになりますが、東京湾ナイト・クルージングなんてのを体験してみたり。これは職場組合のイベントでした。一応名目は健康セミナーw
自分ではなかなか行ってみようとはなりませんから、いい経験でした…と言いたいところですが、船に乗ってる間はセミナーと称した噺家さんのお話とディナーと称した食事で目一杯、ついでに雨も降ってきて東京湾の夜景を堪能とかは程遠い感じでした。

彼岸もとうに過ぎて、ようやく秋っぽくなってきました。
秋と言えば文化祭。末っ子が高校に入ってくれたお陰で、文化祭の雰囲気をまた楽しむことができて、なんと言いましょうか私ってやっぱり「お祭り好き」なのかもしれません。
この高校はいわゆるPTAという組織がなく任意の保護者(+学校職員の一部)団体なのですが、まぁ、そのスタッフをやってるわけです。
私は「お客」より「スタッフ」をやるほうが好きなので、なんとなくボランティアさんに指示したりする側だったりw 
どうもディレクター気質なんですねぇ。
これはイベントに限らず、例えば同人誌作るとすると、中身の作品はともかく、本の体裁を考えるほうが好きっていうか。

また、つらつらと何かと用事が出来て。
この連休は、なんと某メタバースの方々とのオフ会があったのです。
ネトゲならまだしも、仮想空間で遊んでる方々とリアルでまで遊んじゃうってのもねぇ。
…すごく楽しんできましたが。
実は今回のメンツは、あまりヴァーチャルではつるんでない方々だったので、却ってよかったのかもしれません。まぁ、1回会ってしまうと多分リアルもヴァーチャルもなくなるような気がします…
月島のもんじゃ屋さんに初めて行ってきたのですが、月島って本当に観光地化してます。もう、あっちこっちにもんじゃ屋。土曜日だってことで人がたくさん。駅前とか凄い人出でした。
入ったお店は、企画した方の行きつけで、ちょっと引っ込んだところだったのもあって、街並みとともに下町風情が堪能できました。
…2次会を含め相当飲んでしまい、うっかり乗り換えで一駅乗り過ごして終電逃してしまいまして。約9キロ歩いて帰りました。千鳥足ww
飲んだのが焼酎だったせいか翌朝まで酒が残り(日本酒だと平気なのに、どうも焼酎は残るのです。)、お陰で翌日行こうと思っていた都電のスタンプラリーはパス。
夕方には復活していたので、直前に急遽参加を決めたずーあーさんのボドゲ会に秋葉原まで行って来ました。これまた楽しんできました。今回やったゲームで面白かったのはラクダを繋げていく陣地取りゲーム。タイトル何だっけ。あとでずーあーさんのブログで確認しておこう。牽制やら特攻やら、いろんな要素があって、なかなかの作品。
終わってからヨドバシの上階で刀削麵を食べて満腹になって帰宅。

…てな感じで遊んでばかりで、家が片付きません。
そのうちどこかでツケが、それも相当大きいのが、まとめてやって来そうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧