« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

フリ出奔。

3008日目の今日、長年士官していたフリージィを出奔したなり。
フリージィと言っても正式には「黒鉄(こくてつ)傭兵団」にゃ。
フリがマリマー騎士団でなくなって、略称PONに抑えられたときからずっと。それまで数回しか出国することもなかったなりや、緊急時ということで故国へ戻ったものの為政者が変わって出る機会を失ったまま非アクに。

(それまでの経緯→http://homepage3.nifty.com/mayo-lyco/gallery1.htm)
その間にPON解体を経て今の黒鉄さんがやってきたなりや、変に組織ばらず(まぁ元々傭兵団だし)元々の国民との融和政策もあり、また、世界全体の黄昏感もあって、開闢以来最も長い政権となってるなり。

しかし、たまに顔出すたびに減る旧知。同じようにたまに顔を出してもすぐ非アクに戻る友たち。あんなに流れの速かった国外会議室(憩いの間等)の停滞…。
元国王だったムーン氏は言ったにゃ。
「だってゲームとしては既に詰んでるじゃん。」
それは解ってる。でもネトゲってそれだけのものじゃないなりよ…。あくまでも「わしにとって」だけど。
かくして無駄に永らえてきたわけですなりや、2つ前の日記でも書いたとおり、3000日を期に終わらせることにしたのにゃ。

執着度・粘着度の高いタチでもあり、なかなか動けなかったなりや、勤務してなくて見習いのままなので寄付もできず、現国王に休業中のショップをわざわざ開いてもらって資産移動。ずっと勤務せずに来たのと、戦うことが仕事の傭兵団が国外の争いごとを極力国内に持ち込まず平和を維持してきてくれたことへのお礼をこめて。

資産と言っても大半は先に辞めて逝ったひとたちからのものなり。いろんな想いをこめて譲られたアイテムも処分。(借りていた倉庫の主が消えて預けていた荷物が全部手元に戻り家に入れなかったために泣く泣く捨てたのにゃ。)
身軽になったところで、出奔ボタンをクリック。
出国挨拶は先に済ませてあったし会議室もほとんど動いてないし。

出奔してすぐに大酒場・黒蠍へ。
ずっと行きたかったのにゃ。何年ぶりかにゃ。ひょっとして2003年以来?7年ぶり!
流石にスレッドは入れ替わってるみたい。
さて、3日後に「薄暗い奥」へ行くのが楽しみなり。
昔のスレッドが残ってるや否や。ちとコワイ。
くらさんが辞める直前まで掃除に行ってくれてたはず…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

今年の秋は…

気象庁の長期予報をみると、10~12月は平年より平均気温が高いとのこと。
http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/000_1_10.html
7、8年前、凄くあったかい冬があって、分厚いコートが大寒くらいまで要らなかったのを思い出しました。

と、とーとつな出だしですが、本日は秋分の日、暑さ寒さも彼岸まで、と言うことですが…
今日涼しいのは雨のせいってだけなのかも。
ともあれ毎年悩まされる残暑も流石に収まってきたようです。

九月もそろそろ終わりです。
九月病…いつもとは違うけど、やっぱり若干おかしかったかもです。
逃避というか、メンドなことはスルー。
いや、スルーってより、どうにもできなくてただ見逃してた。
なんだか必要以上に細かいことやって残業してたり。
先月から今月にかけて、去年の春異動してから一番多く居残り仕事してました。
これも一種の逃避ですねw

先月末から今月…
ちょうどこの日記も書いてなかったわけですが。
・9月3~5日、恒例のJGC。今年は仕事頭が切り替わらない影響もあってテンション低め。年イチの友人たちもお疲れで終了後のお誘いもなく。
・9月13日、懸案事項でもあった本棚をようやく購入したのが届く。2棹(本棚も箪笥と同じ単位?)約4万円の支払いは残業代を充当(予定)。読み終わって積んであったのをとりあえず収納。やっぱり当面片付かない。
・ついったー地元アカウント絡みでのお付き合いあり。地元限定地図好きさんと出逢う。

あとはちょこっと買い物に出たり。毎年この時期お金無いけど。
PCを消して片づけをする時間を作る努力も、少しはしてみたり…少しは…少し過ぎw

流石に妊婦に間違われるのもなんなので、少しは動こうと思ってもこの程度。
しかし「あれ?」っと思われるってことは…まだそんな歳に見えるのか?
顔が小さいほうなので、ただのデブには見えないのだろうか?
涼しくなってきたけれど「つい」食べてしまうのに気をつけなくてはなりませぬ。
…チョコの新製品の出る季節なのでもありましたw

あ。KOCはまだ辞めてませんwついに3000日突破。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »