« 空気を飲む | トップページ | 梅雨明け、そして白い闇を抜け »

2010年5月 6日 (木)

目に青葉、

連休明けて、春が終わっちゃいました。
年度の切り替わりでしたので忙しいっちゃ忙しかったのですが。
3月も4月もあれよあれよ、で。
何と言うか、ただ茫然と過ぎてゆく日々。
所謂「木の芽どき」でしたし、やる気があっても手が動かないし、そもそもやる気って何よ、って感じ。
仕事は楽しいのだけれど。やりがいもあるし。やりたかったこともそれなりに出来るし。でも、自分のペースでやっていると全然追いつかない。それがストレス。

コミュニケーション主体なはずの某メタバでも、とても消極的で、本体だけでなくSNSのほうでもただひたすら閉鎖的な場所で数人の奇特な方相手にボヤキ続けてました。
個人的なボヤキ=つぶやきはそっちで書いててTwitterでは主にニュースサイトで拾った情報に対して気が向くとつぶやいてました(現在ここの左側に貼りつけてます)。
140文字。
やっぱり短い。
確かに140字って結構書けるんだけれど、まとまったことを書くには縛りが邪魔。
頭が冴えてれば思考の垂れ流しでも実証的でいいのだろうけれど。
ぼんくら頭では、結局どーでもいいことしか書けない。
この日記ブログみたいに長文だからと言って中身がある訳でもないのが良い証左です。
何人かの使い方を見ていて、これこそって言うのになかなか出逢いません。
有名人のとか、全然フォローしようと言う気にもならない。
ただ流れて行くタイムライン。
TVのリモコンじゃなくて、ラジオのチューニングダイヤルをくるくる回していろんな番組をザッピングしてる感覚です。
ブツ切れの情報。リツィートは多重エコー。
面白い情報は確かにある。しかし受け手でいると時間を潰し過ぎてしまう。発信してナンボのメディアなのに。

創造者でなくても表現者でありたい。
しかしながら現状は?
昔から時間の使い方が下手で、どんだけ浪費してきたやら。
確かにね、私を知るひとが言うように守備範囲は広いのだけれど。
それが拡散するばかりで、収れんしていかない。
自分の中ではテーマのようなものはオボロゲにあるんです。
半世紀近く追いかけているものが確かにあるんです。
もう見つかっているのかも知れない。
でも形にすることができない。

仕事は楽しい。経済的にも必要。ついでにいうと、それが自分を縛っているかというと、多分、そうでもない。

桜が咲いて、散って。花水木が咲いて。
そしてもう青葉の季節です。
初夏の日差しは眩しくて。引き籠ったココロにもUVカットが必要です。
折しも高気圧の季節は体調も最悪。
5月病とも上手く付き合っていかなければね。
まぁ、早々に朽ちないようになんとかやっていきましょう。

|

« 空気を飲む | トップページ | 梅雨明け、そして白い闇を抜け »

コメント

こんちはv
ここ以外はでご無沙汰してます。

ご無沙汰しない方法としては、SNSなんでしょうけど、あそこ、どうも私には書き込みにくいです。決まった人達の溜まり場のようで。
ここが楽でいいなぁ。

ツイッターも、同じように「特定グループのチャット場なのかな」と、最初はよくわからなかったのですが、あれは必要な情報を拾うツールなのかな、とそんな気がしてきたこの頃です。
いくつかあるラジオ局の周波数を、必要な局だけプリセットするような感じでしょうか。
まぁ、使用方法は人それぞれでいいのでしょうけど。

自分は守備範囲云々まで行き着くことなく、手を出しては守備の仕方もわからないまま放置しちゃってる人ですが、そろそろ一本真っ直ぐな道を歩きたいです。
今いじっているのは、ベースギターですが、全くの初心者レベルからなので、どうなることやら。。。
結局、どうにもならないで放置だと、最初から思っちゃってたりしますけど。

しゅうさんが、しゅうさんのテーマを握り締めて、そこで表現するものを見てみたいですね。
楽しみにしていますv

投稿: めー | 2010年5月 8日 (土) 00時34分

えっと。
今の今までコメントに気付いてなかったwww
ごめんなさいー。

最近いろいろとダメダメで。
…もちろん最近だけじゃないけど。

めーさんのボキャブラリーって、時々ドキッとします。
「テーマを握り締めて」って…

うん。
握りしめて離さないように、ただし握り潰さないように(笑)、生きていこうと思います。

投稿: まりりん(愁) | 2010年5月29日 (土) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101902/48289285

この記事へのトラックバック一覧です: 目に青葉、:

« 空気を飲む | トップページ | 梅雨明け、そして白い闇を抜け »