« 再度「自身のリストラクチャー」を考える。 | トップページ | 2010年、オデッセイ。 »

2009年12月31日 (木)

往く年

今年もあっという間でした。
マジで「あっ…」と言ってる間に終わってしまいました。
まったく何だったんでしょう。

仕事はそれなりでしたが、余程じゃなけりゃ残業もせずに来ましたし。
組合の仕事も「外職場」ってことで結構免除になってたし、高校Pのほうもだいぶサボってしまったし。
夏コミ落選だった分、締め切りも冬まで延びてたし。
それなのに、この「何も出来てない」感はwwww
いや、むしろ「それだから」?

確かに某メタバ関係に時間は取られてました。
それにしても…
ホントに何も出来なかった、いや、「しなかった」。

まぁ、すでに遅きに失してるわけですが、ここへきて、ちょこっとだけ「やる気」の片鱗が見えてきたような気がしてます。
気がするだけかも知れませんが。
実のところ、身体はまったく動いてないのですが。

もしかしたら。
ようやく「脱せた」のでしょうか。
いやいや、この精神的な「引き籠り」状態は変わらないんですが。

今の職場は少人数なので、そこらへんは大きいかと思います。
毎日会う人数がまったく違いますから。
もちろん新しい人間関係は慣れるに時間がかかってます。
でも自分に対する直接的な関わりから見れば、やはりそこなんでしょう。

来年は、まもなくやってきます。
今年は「行き倒ればったり」と年頭に書きました。
もう準備とか迎え撃つと言った余裕がなく、まさに「行き当たりばったり」→「討ち死に」ぽい感じでした。
でも、仕事も二年目、今度はその余裕がないとやって行けない。
「二年目」の辛さはこれまで身に染みてきました。
「解ってるのにやれない」「解ったから重く感じる」
それに潰されないよう、折角異動できた希望職場なのだから「楽しく」やって行ければ、と思います。

某メタバも気負うことなく息抜きできるようになってきたような…
絵を描いたり何か手作りしたり、そんなことを思い立ったらそのときに出来るといいな、と。
まずは足固め。環境づくり。すなわち部屋の整理。ほとほと困ってますから何とかしましょう。
来年はすべてそこから始まる、かもです。

|

« 再度「自身のリストラクチャー」を考える。 | トップページ | 2010年、オデッセイ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101902/47165688

この記事へのトラックバック一覧です: 往く年:

« 再度「自身のリストラクチャー」を考える。 | トップページ | 2010年、オデッセイ。 »