« 積読本の谷間の感受性 | トップページ | そしてまた日々が過ぎていく »

2009年9月22日 (火)

9月病予防と何気にヲタな夏。

毎年9月はメンタル不調で、去年などは”セルフ・マインド・コントロール”に失敗したもんですから、今年はまるでお試し運転のような慎重さで今月を迎えました。
公私ともにある仕事(タスク)は日程が決まっているのに、なんとも停滞中。
それでも何とか小出しに、無い能力を絞りつつ、この連休を迎えています。

前回の日記からひと月半。
書こうと思って新規投稿のページを何回も何回も開いてはいたのですが、いざ書こうと思うと文章が出てこない状態が続いてました。ここが書けなくても書いていた某メタバSNS日記ですら激減してましたし。書いても内輪向けだったり。
まぁ、「あちら」と「ここ」とは違うので。
(リアルとヴァーチャルの区別ってあまりないんですが、ね。逆に「あちら」のほうが素かもしれません。何と言うかエレメントみたいな。ここのほうが自意識と言う意味ではカッコつけてるかもしれないです。)
お盆過ぎてからいくらか涼しくなったのが多分身体に負担が来ない分良かったのだと思います。夏バテもせず、睡眠時間もなんとか確保できてましたし。やはり体調崩すと当然気持ちも引きずられて悲惨なことになりますゆえ。

もちろんいろんな意味で「夏」ですから、それなりにイベやらなんやらありました。
とりあえず備忘録的に箇条書き、というか時系列順で。

8/5 高校Pの来月のイベの下見に有楽町・東京国際フォーラムへ。6、7月にメンタル不調だった分どうもダラダラで、遅刻したり周囲には迷惑かけっぱなしでした。

8/9 某メタバのオフで渋谷へ。前回よりはマシだったけど、行きしなに雨に祟られテンション低いまま…サンダル壊れるしコケるし。お店はなかなか良かったし、それなりに楽しかったけどね。

8/13 コミケ直前休暇。この夏は落選だったのですが、一応ギリギリまで何かできたら持って行こうと思っていたのに、2日ほど前に諦め、この日は単なる骨休め。夜、職場組合主催の毎年恒例・反戦平和映画会に行って初めて「はだしのゲン2」を観ました。原作の絵とイメージが随分違う絵で、新版かな?何気にスタッフにすごい人がいたり。

8/14 コミケ初日。なんか周りも今年は低調?混雑を避け午後に出て、委託しようと思っていた友人サークルに行ってちょっとの間店番。やっぱコミケはブースの中に居る方が好き。終了後は近場の蕎麦屋にて軽く。以前と比べると人が少なくて寂しい限り。初めてご一緒した方が実はJGCでお会いしたことのある方で。世の中狭い。

8/15 土曜日でお盆だけど、通常の出勤。とは言え職員も少なく開店休業状態w

8/16 三井記念美術館にて開催中の「道教の美術」展へ。映画「ナイトミュージアム2」に絡めた夜間開館で、17時より割引入場とのことで、早めに出かけ先にミュージアムカフェで遅い昼御飯(遅すぎ)。時間調整後に入場、嗜好的に大好きなジャンルですので楽しく観て廻りましたが…図録厚さ4cmって何www

~この間何かと、主に仕事の面で一杯一杯でした~

8/30 この夏2度目のプラトゥリのライブ。「テント」@武道館。一昨年行かれなかったこともあってリベンジみたいな感じでしたが、うん、良いライブでした。プラのライブは大抵誰かと行きます。誰かって身内3人組のどれかだけど、このところは末っ子。

9/4~6 恒例JGC@新横浜。これに参加することは最早自分的なアイデンティティーな気がします。6/1から申込み開始で、私は初日に申込みできたのですが、あっという間に埋まったらしく、友人諸氏は最終日当日参加のみでした。システム改善でイベントに優先参加可の枠が出来、結果TRPGは「デモンパラサイト」と「六門世界RPG」の2本、あとはいつもの大量ダイス振り大会「ドラゴンを倒せ」、久々のTCG・モンコレなどなど。今回ボードゲームはほとんどできませんでした。中日の時間調整の合間にパシフィコ横浜まで足を延ばして「海のエジプト展」の図録だけゲットw 閉会式後、友人諸氏と食事。楽しくゲーム話。帰りの荷物の重さは…うむ。 

9/11 ほぼ3か月ぶりに映画。戦隊&ライダー。上映終了間際だったのでタダ券のあるシネマサンシャインへ。今年の戦隊は何と言っても「殿」です。可愛すぎる。小林脚本は美味しい。しかし殿の男っぽい声が好きだったりもします。ライダーはまさに10周年お祭り作品で盛りだくさん、最後のお宝「J」の登場に思わず笑いがww 営業方針か、今年のライダー「ディケイド」はTV版は12月の映画続編へってことで終わってしまいましたが、なかなか面白い展開が続いてました。設定がそもそもめちゃくちゃなのが功を奏したって感じです。

9/12 8/5に下見したイベの本番、まずは本所防災館へ。ここの3Dシアターの映像、ちょっと古いのですが危機感を持ってもらうのが目的というのもありリアリティ&臨場感ある映像作品で、これはお勧めです。やる前は面倒臭いと思ってた地震体験、緊急救命や煙体験もやってみるとなかなか良い経験でした。有楽町の方は、ごはんミュージアムで食事してちょっと中をうろついて解散。ごはんちゃわん、びみょーなのに気になるキャラだわん。

9/16 本当に久方ぶりの「水曜映画会」。「ナイトミュージアム2」。期待通り、というより期待してなかったのに面白かったです。スミソニアン凄いー。

9/21 で、連休。シルバーウィークって…。ハッピーマンデーってめちゃ迷惑だと思うことが多いです。土曜日は目一杯仕事だったので、一日遅れ、さらに日曜は日用品やら買い出しとかで、ようやく出掛ける予定をこなす気に。ホントはこの日は19日から新企画展の始まった江戸東京博物館へ行こうと思ってたんですが、敬老の日で高齢者無料とかだったので急遽別の企画展へ。目黒美術館「線の迷宮〈ラビリンス〉・番外編 響きあい、連鎖するイメージの詩情――70年代の版画集を中心に」という、ちょっとマニアックな展示を観てきました。版画って作品としては好きなんですが、手法としてどうにも難しい。「印刷」全般につながるアートとして興味はあるのですが、どうにも原画から成果物に至るまでの道のりがストンと落ちないのです。まどろっこしいっていうか。でも、だからこその新たな刺激でもあります。

…この長いのを小出しに書けたら良かったんですがね。
まったくもって読む人のことを考えてません、ごめんなさい。

さて、今日はちょっとだけ家事。木曜が公休なので、連休はあと2日。他に行きたいところもあるし。まぁ決めずに気楽に、これも予防リハのうち。

|

« 積読本の谷間の感受性 | トップページ | そしてまた日々が過ぎていく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101902/46284400

この記事へのトラックバック一覧です: 9月病予防と何気にヲタな夏。:

« 積読本の谷間の感受性 | トップページ | そしてまた日々が過ぎていく »