« 「十月の徒人(ただびと)」 | トップページ | 複数の地雷を踏んだので。 »

2006年10月22日 (日)

一年で一番良い季節に。

朝からどよんと寒々しかったのが日差しが出てきました。
日曜日は朝のうちいつものようにTVの梯子しながら洗濯です。

秋晴れで所謂「行楽日和」ですが…ヒッキーなもんで。
出掛けるという選択肢はないことのほうが多い私ですが、流石に出掛けたくなります。まぁ、今日はもうこの時間(昼だし)なので、夜にスーパーへ買い出しに行くくらいですけど。

このところ、いろいろと疲れていて、またまた日記が書けませんでした。
仕事は一応月例の〆日が過ぎたので、積み残しは相変わらずあるものの一息。テンパり状態が弛緩してでろでろな感じ。子供の帽子のゴム紐が伸びてワカメみたいになってる、あんな感じ?今のうち溜まった積み残し分を何とか減らさないと、また来月大変なのにねぇ。
ボーナス前に資金繰りも大変で。かろうじて何とか回ってるかな程度。毎月の買いものは減らないまでも押さえる努力はしています。
夏前に買って置いてあった板チョコをポリポリ食べて体脂肪をさらに蓄積。一夏越したチョコって…(;_;)でも棄てられないので食べる。もうすぐ健康診断なのに。ま、最悪な数字がでればショック療法にもなるか。(何か違う

10月10日は「萌えの日」なんだそーな。「十十」の下に「日月」。むー。
萌えねぇ。まぁ、私は基本ミーハーなので、そーゆー意味では「萌え」もありですが、「腐」な妄想は無い。「はにゃ~ん」はあっても「ハァハァ」は無い、それって性差だろうか。世代的な道徳観や倫理観とかの違いとも言い切れない。単に自分という土台のどこかで「性」を拒否している、と言うのか、カマトトぶってるのか。しかし少年あるいは少女の「聖性」も拒否している。一足飛びにババァってのか。…中学生くらいのときの夢のひとつに「尼さん」ってのがありましたからねぇ。
自分に呪縛を掛けるのは得意中の得意、なんていう、しょうもない人生です。そのお陰で下手な「オトナ」にはならずにいますが。…オトナにはなったほうが良いんでしょうけどね。

そんなわけで健全なデートをしてきました。お相手はたぬべえさん。私を「おもしろがってくれる」貴重なひとです。以前から日本酒飲む会したいよねー、と言ってたのですが、先日SNSの日記中でへたれたことを言ったら誘ってくださいまして。ずっとマイナスオーラ出してましたし自分から誰かを誘う気力もなく、幸か不幸か、他の方は名乗りを上げなかったので2人だけ。金曜夜7時半に待ち合わせして、たぬ兄のお気に入りの店に連れて行ってもらいました。飲んだお酒は「明鏡止水」(私)と「飛露喜」(狸)、「李白」と最後の何だっけ?私のお気に入りの「明鏡止水」を気に入ってもらって嬉しかったです。
酒肴は様々な与太話。をた~ニューアカ入門っぽいところ、発達心理学一歩手前の話まで。まぁ撫でた程度の知識ですが。ちょっとネタの裏としてプライベートな話も出ちゃいましたが、それはそれで。もちろん食べるほうの肴も美味しかったですよ。

|

« 「十月の徒人(ただびと)」 | トップページ | 複数の地雷を踏んだので。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101902/12374330

この記事へのトラックバック一覧です: 一年で一番良い季節に。:

« 「十月の徒人(ただびと)」 | トップページ | 複数の地雷を踏んだので。 »