« 週末は近隣騒音の中で | トップページ | ラクリマ解散。 »

2006年9月13日 (水)

「本調子」ってどんなの?

仕事でケース記録を書いていて、ふと思いました。「(体調が)本調子ではないので」と言うようなことを書いて、あれ、?私の「本調子」ってどんな状態だったけ?

常にどこかしら(腰とか肩とか背中とか膝とか腕とか、胃とか、頭とか胸の神経とか)痛かったり、あちこち痒かったり、眠気満載だったり、真っ直ぐ歩けなかったり、動悸がしたり息が上がったり(過呼吸というほどではない)、起立障害があったり、軽度「気分障害」だったり、えとせとら。
まぁ要するに「自律神経失調症」とひとくくりに診断されちゃいそうな状態なのですが。
医者に行かないので(どうせ薬もらっても飲まないので)診断されたことはないし、健康診断では「どうしても気になるなら診察を受けろ」と言うばかりなので、病名がつくもんだか気のせいなんだかも不明のまま、体調不備が当たり前。
もう長年、いつからとも思い出せないくらいなので(思うに多分10代半ばからw)自分が体調のいいときって思い浮かばないのです。
体調万全って自覚は、意識してない「普段」があって具合が悪くなってそれがすっかり治ることで「わかる」のだと思うのですが…あまりにも「どっかしら変」が当たり前になっているので自分の「本調子」がどこにあるのかまったくわかりません。

今のところ、身体はともかくココロのほうが前向きなら「良し」としてますが、当然体調は精神状態にも影響するので、すっぱり治るんなら医者に掛かってもいいんですけどね。意を決して掛かってみても、原因もわからず治りもしない、対処療法しかできない「医療」は、私にとってはまったく意味をなさないものなのです。
とは言え。
「本調子」になってみたい、とは思います。
ここ数日の雨続きの空がすっかり快晴に!というような気分なのでしょうか。(それはそれで高気圧に弱かったり日差しが眩しいのにくらくらしたりするのですが)
「自己主張」しない身体を持ってみたいものです。

|

« 週末は近隣騒音の中で | トップページ | ラクリマ解散。 »

コメント

 こんばんにゃo(=・ェ・=o)=3=3=3=3=3=3

 ん~、大学時代に知ったのですが、WHOにおける「健康」の定義。
 かつては「心身共に病や異常が無い」状態を指していたのですが、現代に入って病名の増える事増える事。
 で、新たな定義として「心身に障りがあっても日常生活に不自由しない状態」と改めたそうです。
 かく言う自分も物心ついたときから磐石な心身の状態を感じた事はなく、生まれついての「プチ鬱」と言うか「ボーダー寸前」と言うか。
 それでもまぁ生きていけるのでこれはこれで良いのでしょう、多分。

 ではでは。
 ~(=^‥^)ノ☆ おやすみニャ。

投稿: ぽこすけゴン師匠蛇 | 2006年9月14日 (木) 00時59分

「心身に障りがあっても日常生活に不自由しない状態」?
それ言ったら「不自由」も定義したくなっちゃうよねぇ。
確かにぶっ倒れることもなく、仕事にも出て来れるから「健康」のうちってことなんですかね。

昔「ほとんどビョーキ」って言葉が流行ったときには
ほんとにビョーキのひとは少なかったんだけど。
なんでこんなに病人だらけになっちゃったんでしょうね。
あたしの場合はまぁ「自堕落」ってやつが原因かなぁ、と今日も立ち眩みと足の関節痛に襲われつつ。

先日電車の中吊り広告で見た「抗精神薬過剰投与が患者を増やしている」ってのに深く同意する薬嫌いのワタクシ。
いや、実際患者さんと付き合ってるとそう思うのよ。
患者さんには薬ちゃんと飲めって言うんだけどね。

投稿: まりりん | 2006年9月15日 (金) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101902/11877486

この記事へのトラックバック一覧です: 「本調子」ってどんなの?:

« 週末は近隣騒音の中で | トップページ | ラクリマ解散。 »