« 渇きを癒す。 | トップページ | 王道の飲み会 »

2006年7月27日 (木)

稲荷寿司シンドローム

昔のセブンイレブンのTVCMに、深夜突然稲荷寿司を食べたくなり買いに行く女性の話があって、それ以来なぜかそのCMにまるで「感染」したかのように「急性稲荷寿司欲求発作」が発症するときがあります。
稲荷寿司に限らず食べ物の中にはいくつかそういうものがあるのですが(ある時期に無性に食べたくなって頭から離れない、所謂「マイブーム」的に)、前述のTVCMと、それこそ深夜にコンビニに買いに行ける気軽さからか、稲荷寿司に限って他の食品の追随を許さない頻度の症例となっています。
この手の発作は大体ちょっとしたきっかけ、例えば通り道でカレーの匂いがしたとか、入ろうと思った店が一杯でそこのオムライスが食べられなかったとかで発症します。
最近多いのが友人のWeb日記上の話題を拾ったときだったりしますが、この件も然り。(書いたご本人や共通の友人には思い当たる記事ですねw)

あー、おいなりさん食べたいかもー。

そう思ったら最後、頭の中に「おいなりさん」の単語がウィルスの如く増殖するのです。
そうなるとしばらく「おいなりさん」「おいなりさん」と囁く何者かの支配下に置かれ、1、2度食べたくらいでは満足できなくなります。
Inari多分ほかの「食べたい」が出てくるまで、当面「いなり」コールが続くのです。
と言うわけで、最近食べたのが池袋西武地下で買った「華いなり」(揚げがオープンでイカやトビっこなどの具が乗っている)と一昨日買った「五目いなり」&「柚子いなり」(「京樽」=写真)。
あと何回かは稲荷寿司の呪縛から逃れられずに買うことでしょう。

どこでも買える稲荷寿司ですが、しかしながら、ホントに美味しいものにはなかなか出会えないものでして。元々好きなものですし、また、みんなそこそこに美味しいとは思えるんですけどね。それぞれがそれぞれの持ち味があり、また私は貧乏舌でB級グルメでさえなく、自分がそのとき美味しいと思えば美味しい人なのですが。
稲荷寿司で言えば、「油揚げ」の味付けと揚げ油の抜け具合、寿司飯の硬さや酢の加減、具や隠し味などなどポイントは多々あります。いずれにせよ本当に個人的な好みのレベルです。
「個人的な究極の稲荷寿司」って、永久に出会えないかも知れません。なぜなら、自分の好みの味は自分で作るのが一番なのに、私は料理のセンスがないからです。

「舌」…「味覚」というのは難しいものです。
自分の出身地と言うだけでなく母、祖母の出身地にまで遡る血の鎖のようなものです。
出身だけではありません。出自世帯と各個人の生活習慣がより強く反映されます。幼少時好きなだけ買い食いの出来た人や外食の多かった人は薄味系の地方出身でも甘いしょっぱいの濃い味付けを好むでしょう。
また、揚げ物が好き、肉・魚・野菜の好き嫌い、香辛料の好み、甘さ・辛さへの耐性、などなど同じものを食べて育つ兄弟姉妹ですら好き嫌いが分かれます。ましてや味覚に関する配偶者との諍いは時として別な諍いをも生んだり…。
これはもう相手への思いやりというより個人の癖・趣味と同じように「そういうもの」として認めていくしかないのでしょうね。

|

« 渇きを癒す。 | トップページ | 王道の飲み会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101902/11117610

この記事へのトラックバック一覧です: 稲荷寿司シンドローム :

« 渇きを癒す。 | トップページ | 王道の飲み会 »