« ティー・カップが欲しい。 | トップページ | 稲荷寿司シンドローム »

2006年7月24日 (月)

渇きを癒す。

このところ毎日何かしら読んでます。
つい先日「本読んでない読みたい~」って言ってたのが嘘のよう。
言うだけ言っていつも出来ない「有言不実行」の権化みたいな私なのですが。
コミックス、ラノベで最近買ったのはもちろん、積ん読本も数冊。(とは言え我が家の積ん読本が解消されるまでは遠い道のりではあります。)

読んでいる本の殆どは「物語」で、それ以外はつまみ食い的にあっちこっちちょっとずつなんですが、読み終わってもまだ新たな物語が読みたくなるんです。シリーズものの続きならいざしらず、「物語」。少し前なら1つの物語世界を体験したあとはしばらく「お腹いっぱい」で次の物語世界には入れなかったのですが、今は逆にどんな世界にでも入って行ける、そんな感じです。
ちょうど喉が渇いていたところに見つけた泉の水を際限なく飲んでしまう。
幾ら飲んでも水の美味しさに飲む事を止められない。
まるで「物語」に飢えてたみたいに。
映画も「物語」として考えられるし、読み物として読みやすいところ(コミックスやラノベ)の入りやすく面白い「物語」は、本当にどんどん入ってくるのです。

多分「物語」の持つパワーって「想像力」で、作家はそのイマジネーションを文字で紡ぐ人。人間を人間たらしめる想像力の産物が物語で、それを読むことで作家のイマジネーションを文字から翻訳・再構築する作業によって自分の想像力を刺激することでその物語のパワーを自らの栄養として取り込めるのかなー、と。
自分的に今はそういう時期なのでしょうか。乾季の直後の恵の雨。

|

« ティー・カップが欲しい。 | トップページ | 稲荷寿司シンドローム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101902/11078196

この記事へのトラックバック一覧です: 渇きを癒す。:

« ティー・カップが欲しい。 | トップページ | 稲荷寿司シンドローム »