« ゲームオフと言う名の危険な集会 | トップページ | 創作意欲がほんのりと。 »

2006年6月27日 (火)

理想の男を育て損ねる。

リアル恋愛とか苦手で疎遠な私ではありますが、実はかなりなミーハーです。それもオトメ系です。
あ、オトメと言っても所謂「腐」の人ではありません。そもそもそーゆー好いた惚れたくっ付いたの「ナマ」な恋愛沙汰が好きでないので。昔の「オトメチック漫画」のオトメです。…言ってて恥ずかしいですが。
なので理想の男子像とか、思い切り非現実的な、当時(いつだ)の「ありえねー」少女マンガ的な外見と性格を持つ優男だったりします。

描写してみるとこんな感じ。
あくまで絵に描いた餅的男子像です。(想定25~8歳)
身長175cm前後、体重60kg前後。
肩甲骨あたりまでのロン毛。癖っ毛可。色は何でも。
ピンクや花柄を着ても違和感がなく、かつジェンダー的な好みに縛られない。
基本自己愛で他にひとつ以上愛してる「モノ(対象はモノに限る)」がある。
自分のことは自分でできる。(ここは大事)
まぁ、外見に関しては何も言いますまい。趣味です、趣味。
そーですねー。LUNASEAのSUGIZOあたりを想像してください。

で。
息子がいます。
できれば理想の男子に近づけたく。素材はしょうがないとしても。
「男」というジェンダーが嫌でした。
生まれもっての「男らしさ」ではないもの。
「男だから」という意味のない虚勢。
そんなのが嫌で、極力排除して彼と付き合ってきました。

ふつーの「子育て」なんてできるわけもない未熟ものですが、なりゆきで子供を持ってしまったのだからしょうがない。ごめんなさい。そんな私ですので育った息子は見事な「変人」です。思い切り「我が道」を行ってます。
押し付けられた「男」像なんてどこ吹く風。自分が男だという自覚はありますが「男なんだから」という意識は全く持ち合わせていません。
外見は全く少女マンガではありませんが自身がオトメ系です。
もう周りが修正できる歳でもなくなりました。良く親の顔が見たいと言いますが、私の顔で良かったら、ええ、いくらでも見てください。軽蔑してもよござんす。

でもねぇ。こいつは私からみると至極全うに生きてるんですよねぇ。
ふつーに学校へ行き、就職して、という人に負けず劣らず、思想的に自立しているというか。
確かに学校も辞めた、働かない(働く気もない)、典型的なNEET。それができる環境にいることを自覚して享受してる、一般的に見て「終わってる」ヤツなんですが。
純粋な生き方が羨ましいです。手を出さず生き様を見ていたいです。(流石に「働けよー」とか「口」は出してますが。)
これからどう生きていくかは自分次第です。本当に駄目人間かの判断はそれからでもいいでしょう。(手出ししない以上手遅れもありません。)

…これが上記の理想的外観を持っていたら、意図的に抱え込んで表に出さなかったかも。(どこぞで数件、そんな「母親に囲い込まれていたヤツ」が起こした事件がありましたなぁ。)
キモヲタで良かった(のか)。

|

« ゲームオフと言う名の危険な集会 | トップページ | 創作意欲がほんのりと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101902/10698177

この記事へのトラックバック一覧です: 理想の男を育て損ねる。:

« ゲームオフと言う名の危険な集会 | トップページ | 創作意欲がほんのりと。 »